ブログ

BLOG

痛みのメカニズム5 疲労物質と疲労回復物質!

痛みのメカニズム

広島・府中町の整体 「痛みの専門院

ボディリセット直。
から、こんにちは台風



台風の接近に伴い、広島でも雨が降っています雨

台風の進路にあたる地域で十分な注意をしてください。


さて、いよいよ痛みのメカニズム最終回です!


疲労物質といえば、みなさん「乳酸」を思い浮かべると思います。筋肉痛の原因と言われているものですね。


筋肉痛は損傷した筋肉繊維を回復させる働きの中で生じる(だから時間をおいて起きる)炎症であって、筋肉の疲れではありません。

筋肉の疲れだったら使った直後から起きます。

いわゆる肩こりがいい例ですね。

たとえば長時間の同じ姿勢などによって筋肉(筋膜)が持続的に過緊張状態になります。すると、組織液の循環障害が起きます。そして細胞に酸素や栄養が行き届かなくなると、疲労物質が蓄積して痛みやコリを生じます(慢性腰痛も同様ですね)。

その疲労物質とは以前なら乳酸とされていました…私も以前は、そう思ってました。

が、しかし
最近(2001年頃から)はその説にいくつかの反証が報告され、乳酸は筋肉疲労回復物質(クエン酸回路によって乳酸が分解されエネルギー物質のATPを生成する)で、むしろカリウムイオンが「疲労に大きく関与している物質」とされているのです。

なぜカリウムイオンが疲労に関係しているのでしょうか?

なぜ疲れた体には乳酸が溜まっているのでしょうか?


酸欠状態になると、本来は細胞内に多いカリウムイオンが細胞外に出て行ってしまいます。本来中性の細胞外液(細胞間質液)は酸性になります。当然、筋肉の収縮能力が低下します。筋肉の酸欠を補うために、酸素のかわりに乳酸が使われる…

だから疲れた体には乳酸が溜まってるコトになるんですね。

「ボディリセット直。」の院長ブログ

つまり「乳酸は疲れの原因ではなく結果なのだ」と言えますね。

疲労物質の正体は、この細胞外へ流失した「カリウム」ってことになりますビックリマーク


長々と説明してきましたが


慢性的な痛みや疲れ、コリ、しびれの原因は、体液(細胞間質液)の滞りによる組織(細胞)の酸欠状態(酸素や栄養が細胞に行きとどかないこと)が原因と考えられます。


つまり慢性痛や疲れ、コリ、しびれを改善するためには、この体液(細胞間質液)の滞りを解消することがとても重要だということになります。



もし、あなたが痛みでお悩みあれば

ぜひ、当院にご相談ください。

          ↓    ↓

        「痛みの専門院」     

      ボディリセット直。

  082-258-1723


お気に入りに追加する
利用者さまの声
メディア掲載


院長ブログ オスグッド回復ブログ まずはじめに 当院について カレンダートップ
お店情報

下記地域から来院されます

広島市、中区、東区、南区、西区、安佐南区、安佐北区、安芸区、佐伯区、府中町、海田町、熊野町、坂町、呉市、竹原市、三原市、尾道市、福山市、三次市、庄原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、安芸太田町、北広島町、大崎上島町、福岡県、山口県、島根県、岡山県、奈良県、大阪府、京都府、三重県、愛知県、東京都、ハワイ、スイス…

など県外、海外からも縁あってお越しいただいています。