ブログ

BLOG

痛みのメカニズム3 「遅い痛み」の正体は?

痛みのメカニズム

広島・府中町の整体 「痛みの専門院

ボディリセット直。
から、こんにちはくもり


いよいよ本題に入ってきましたね。

「遅い痛み」の正体。

痛みの元は「発痛物質」です!


それは主にブラジキニンという化学物質です。


「遅い痛み」はこのブラジキニンが痛みセンサーに届くことで痛みという情報が電気信号化され電流が生じます。


そして、電線である神経繊維を通って脳に届くことで、人は体で「痛み」を認識するのです



ブラジキニンなどの化学物質が発生しなければ「遅い痛み」も発生しないのです。

遅い痛みは持続的に脳に伝わります。


それでは、なぜこのブラジキニンという発痛物質が

発生するのでしょうかはてなマーク


組織に損傷、炎症が起きると血液からブラジキニンなどの発痛物質が出てきます。通常は炎症が治まり、組織が修復されればでなくなります。


「ボディリセット直。」の院長ブログ


しかし、組織の酸欠状態が続くとブラジキニンが出続けてしまうのです。


この酸欠状態を理解するためには、組織(細胞)がどのように酸素を受け取っているのかを理解する必要があります。


ここからの説明が、また簡単ではないのですが・・・


次回タイトル

 組織の酸欠状態とははてなマーク とします。


もし、あなたが痛みでお悩みあれば

ぜひ、当院にご相談ください。

          ↓    ↓

        「痛みの専門院」     

      ボディリセット直。

  082-258-1723

お気に入りに追加する
利用者さまの声
メディア掲載


院長ブログ オスグッド回復ブログ まずはじめに 当院について カレンダートップ
お店情報

下記地域から来院されます

広島市、中区、東区、南区、西区、安佐南区、安佐北区、安芸区、佐伯区、府中町、海田町、熊野町、坂町、呉市、竹原市、三原市、尾道市、福山市、三次市、庄原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、安芸太田町、北広島町、大崎上島町、福岡県、山口県、島根県、岡山県、奈良県、大阪府、京都府、三重県、愛知県、東京都、ハワイ、スイス…

など県外、海外からも縁あってお越しいただいています。